スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています




タバコの規制が多方面に広がってますね。
僕は吸わないので(やめた)大歓迎です。



新年度の始まり。

気分一新!がんばりますか。



ウィルス性の胃腸炎になりました。

ムチャンコキツイ!


 
服を買いすぎた・・・。



今さらながら明けましておめでとうございます。

来年こそは更新をサボらずやろうろと息巻いた挙句がこのザマです(汗


もはや、初期の頃のモノクロオンリーのブログは今やコンセプトも方向性も見えない
単なる旅行記に成り下がってしまったが性懲りもなく今年も続けるつもりでいます。



年明けを期にサイズアップをしましたが、まだ上手く出来てません…。

ちょくちょく修正していきます。(気が向けば…。)



                                                                       
何年ぶりかに到着した富士山頂。


頂上付近の缶ビールの値段は800円。
カップラーメンも800円。


腹は減っていたが、前日眠れなかったせいで眠気の方が強くダウン…。




頂上について思ったことは前回と一緒。






「早く帰りたい…。」



でした。


妻が撮影。くたばっているのは僕です。








銀座をブラつく。


そう、ただブラブラ歩くだけ…。




何も買えないわけじゃない買わないのだw



映画『This Is It』を妻と一緒に観に行ってきました。


別にマイケルジャクソンのファンでもないのだけれど
2週間限定(本日、更に2週間延長が決定)という期間限定+1000円の日だったので観てきました。


内容は本来、開催されるはずであったロンドン公演の為の3月〜6月の
リハーサルの模様を編集した構成になっているのだが
映画というより、ほぼライブ映像を観ている感じで
そのスクリーンに映し出されるマイケルの動きや歌唱力は
僕にはまったくと言っても過言ではない程無い人類最大の発明である
『音楽』の天才だと思いしらされた。

実にマイケルを取り巻くスタッフ・バンドのメンバー・ダンサー・コーラスメンバー等など、全て超一流であり、また志も超一流であり
改めてマイケルジャクソンという人物がKing of POPと言われる所以が垣間見れた作品だと思う。

それにしても50歳で180cmで体重が50Kg台しかないと言われる体であれほど動けるのか?と圧倒されるシーンの連続で素直にマイケルジャクソンはスゲーなと思った。


マイケルは幼児虐待疑惑や整形疑惑や素行ばかり面白おかしく記事にされ、それを鵜呑みにしてしまった自分は『奇異な人』と認識してしまっていた。
マイケルの死後彼を調べていくうちに、どうやらそれらは間違っていたのだとわかり完全に物事の表面上でしか理解していなかった自分を恥じる。
そしてもう彼は居ないという事の現実が寂しかった。

今思えば、マイケルジャクソンは完全に『オリジナル』であり誰にも似ていない。
ダンスも服装もスタイル(生き方の)も全てがマイケルジャクソンを示す。
こんなヤツはいない。
ある意味ひとつの文化を形成したとも言えるんじゃないかな。
ゆえに『アイコン』であるんだろう。
マイケルジャクソンというアイコンをクリックすれば凄い色んな世界が広がってくる…。


昔見たニュース映像でマイケルのライブでファンが次々と失神
するシーンが流れた事を思い出した。

何故ファンがあれ程まで熱狂し彼に夢中になるか?



今はわかる気がした



正義のヒーロー


それは自己犠牲の上に成り立った偶像にすぎないのかも…。



<< | 2/8PAGES | >>